【中国労務】 深セン市・社会保険料納付基数上下限の調整

深セン市社会保険基金管理局は「2016年度深セン市社会保険料納付基数・待遇補償基数の調整に関する通知」及び「深セン市在職人員社会保険納付比例・納付基数表」をそれぞれ6/15・7/1付で公布した。これに基づき2016年7月1日から2017年6月30日までの期間における深セン市社会保険料基数上下限が調整され、各企業はそれに基づき社会保険を納付する必要がある。

名称 企業負担 個人負担 下限 上限
基本+地方補充養老保険(深セン戸籍) 14% 8%

2,030元

20,259元

基本養老保険(深セン戸籍以外) 13% 8%
医療保険(一等) 6.2% 2% 4,052元 20,259元
医療保険(二等) 0.6% 0.2%

6,753元※固定

医療保険(三等) 0.45% 0.1%
労災保険 0.14%~1.14%* 無し 2,030元 20,259元
失業保険 1% 0.5% 2,030元※固定
生育保険 0.5% 無し 6,753元 20,259元

*労災保険企業負担は業種別に1~8類に分類され、料率はそれぞれ0.14%、0.28%、0.49%、0.63%、0.66%、0.78%、0.96%、1.14%。

「2016年度深セン市社会保険料納付基数・待遇補償基数の調整に関する通知」原文、2016年6月20日更新
「深セン市在職人員社会保険納付比例・納付基数表」原文、2016年7月1日更新