【中国】華南5都市社会保険料率及び基数上下限まとめ

1. 概要
省各都市当局(地方税務局等)は例年7月中旬頃に「当年度社会保険年度納付基数の通知」(原文、例、2018年度深セン市)を公布する。その中で、前年度広東省非私営企業在職従業員の年平均給与(2017年度参考:80,020元、月額ベース6,668元)、及び前年度都市非私営企業在職従業員の年平均給与(2017年度参考、深セン市:100,173元、月額ベース8,348元)が発表される。それらに基づき各年度7月1日~翌年6月30日の期間における社会保険料基数上下限が調整され、企業と従業員はそれぞれ社会保険を納付する必要がある。

2. 各都市の保険料率及び2018年度基数上下限 (2018年7月31日確認時点)
広州市(原文

※1 2017年度広州市在職従業員月平均給与・・・8,218元
※2 労災保険企業負担は業種別に1~8類に分類され、料率はそれぞれ0.2%、0.4%、0.7%、0.9%、1.1%、1.2%、1.3%、1.4%。

深セン市(原文

※1 2017年度深セン市従業員月平均給与・・・8,348元
※2 深セン市最低賃金・・・2,200元
※3 労災保険企業負担は業種別に1~8類に分類され、料率はそれぞれ0.14%、0.28%、0.49%、0.63%、0.66%、0.78%、0.96%、1.14%。

東莞市(原文

※1 2017年度東莞市従業員月平均給与・・・4,454元
※2 2017年度東莞市在職従業員月平均給与・・・5,135元
※3 労災保険企業負担は業種別に1~8類に分類され、料率はそれぞれ0.2%、0.4%、0.7%、0.9%、1.1%、1.3%、1.6%、1.9%。更に0.2%~2.85%の間で変動制を採用している(原文)。
※4 失業保険企業負担は2018年3月1日から変動性を採用。基本料率を0.8%とし、企業の過去5年間の受領率が都市平均の60%未満の場合0.48%(0.8%×0.6)、同60%以上140%未満の場合0.64%(0.8%×0.8)、同140%以上の場合0.8%。

佛山市(原文

※1 医療保険基数は正式な通知が出ていないため、2016年度佛山市在職従業員月平均給与・・・5,599元を採用。
※2 労災保険企業負担は業種別に1~8類に分類され、料率はそれぞれ0.2%、0.4%、0.6%、0.9%、1%、1.1%、1.2%、1.3%。
※3 医療保険個人負担は1類・2類を選択可能。

中山市(原文

※1 基本医療保険及び補充医療保険の基数は前年度市従業員月平均給与(十の位まで)。補充医療保険は、基本医療保険に加入することを前提に任意で加入可能。
※2 診療基本医療保険(一般通院)の基数は前年度市従業員月平均給与(百の位まで)。
※3 労災保険企業負担は業種別に1~8類に分類され、保険料率はそれぞれ0.2%、0.3%、0.5%、0.6%、0.7%、0.8%、0.8%、0.8%。
※4 生育保険の基数上限は、企業の当月度給与総額>①[中山市在職従業員月平均給与×3倍×企業の従業員人数]の場合、①が企業としての上限となる(中山市従業員生育保険弁法第7条:原文)。

(2018年7月作成)