履歴書の書き方

就職活動は、読み易く且つ自己アピールされている履歴書・職務経歴書作成から始まります。
採用担当者が理解し易いように必要な情報が簡潔にまとまっていることがポイントです。
文章作成能力を問われる就職活動の第一歩です。書類選考の通過率を上げるために、好印象を与える書類を目指して下さい。

必要な情報

希望の職種、業界
経験、スキルを活かせる職種など出来るだけ詳しく記載して下さい。
職歴について
入社・退社年月、正式会社名、会社の業種、部署、職種と担当した職務内容、退社の理由なども記載して下さい。また、具体的な成果や実績などを記載することもおすすめいたします。特に職務内容は、ご自身の経験をアピール出来る場です。ご自身の経験を最大限アピールできる書類を作成してください。
学歴について
最終学歴を記載して下さい。入学・卒業年月、学部、専攻科目を記載。海外研修、交換留学、語学留学歴などもこちらに記載して下さい。
資格について
語学検定資格、会計関連資格、他資格をこちらに記載して下さい。
給与
ご希望の給与額をHKDで記載してください。
勤務開始可能時期
即日、一ヵ月後、就労ビザ取得後など目安になる時期を記載して下さい。
その他
パソコンスキル、会計ソフト、他をこちらに記載して下さい。

日文、英文の書式について

見やすいレイアウト、読みやすい文章を心がけましょう。
基本的に履歴書、職務経歴書共にフリーフォーマットですが、ワード、エクセルなどを使いご自身のデザインで独自性を発揮して下さい。日本語の履歴書は、日本で一般的に使用されているフォームでも構いませんが、それとは別に必ず職務経歴書をご用意下さい。また、香港の日系企業では人事をローカルスタッフが担当している場合が多いため、英語の履歴書も準備して下さい。

注意事項

学歴や職歴に空白期間がないように確認して下さい。ワーキングホリディ、パートタイム、資格取得準備期間などを記載しても構いません。印刷時のレイアウトも必ず確認して下さい。

英語の履歴書(CV)のサンプル